「日焼けに効く食べ物」と、「日焼けを悪化させる食べ物」がある?!

みなさんこんにちは!

7月も下旬に入り、そろそろやってきますね!灼熱太陽の季節!

 

気になるのは、やはり、

日焼け!ですよね?

 

今回は、美肌を保つ方法を伝授いたします!

 

さて、突然ですが、

「日焼けを悪化させる食べ物」が存在するのをご存知でしょうか?

 

 

じつは、食材に含まれる「ソラレン」という成分が美肌の敵です。

ソラレンは、「光毒性物質」と呼ばれ、私たちの身体の紫外線に対する感受性を高め、吸収しやすくしてしまう特性を持っています。

この、ソラレンを含む食べ物を食べてから太陽を浴びると、日焼けしやすくなってしまうということです。

 

では、どんな食材に「ソラレン」が多く含まれているのか?

柑橘類:代表的なレモンやグレープフルーツなど

ビタミンC豊富な:キウイ、アセロラ

などなど。

 

あれ?日焼けした時には、ビタミンCを摂取せよ。じゃないの?

と思われた方へ。

 

そうです!レモンなどの柑橘類は、ビタミンCを豊富に含むため基本的にはお肌の強い味方です。

 

しかし、外出前に食べることによって、紫外線をより吸収して日焼けを悪化させてしまう可能性が高いのです。。。

ご安心ください。大丈夫です!

「食べる時間に気をつける」

これだけで美肌を保てます。

 

ソラレンは、摂取後約2時間ほどでピークを迎えます。

その後は徐々に衰えていき、摂取から7時間後には落ち着きます。

 

つまり、ビタミンCが含まれた食材は

・朝食では食べるのは避ける!

・昼食でも外出予定があれば念のため避ける!

・おやつに食べるなら15時以降可○

・夕食では積極的に食べても大丈夫◎

 

摂取時間を上手に選んで

紫外線によるダメージから肌を守り、美肌維持のためしっかりケアしていきましょう!

合わせて読みたいオススメの記事


 

 

 

 

実は美容効果抜群だった?<わさびに秘められた無限の可能性>

 

 

 


 

 

女子に人気沸騰中!!〜にんにくで美肌になろう〜

 

 

 

 

危険なダイエットBEST3のお話