たんぱく質を摂りすぎると肝臓が悪くなる??

皆さんこんにちは!!

昔からタンパク質を摂りすぎると肝臓が悪くなるとよく言われています。

肝臓悪くなるならあまり食べない方が良いかな?と考えるのが普通ですよね。

ただこのことについて興味深い研究結果があります。

この研究ではトレーニングをしている大学生にタンパク質を体重×4グラムを

摂取して体の変化を調べるという研究です。

ちなみに体重×4のタンパク質は莫大な量になります。

体重60キロの人だと240グラムです。

これは卵40個を食べないと摂取できません。

それはさすがに無理ですよね。

この研究結果は特に変化は起きなかったです。

またトレーニングをしている男性に一年間高タンパクの食事をしてもらったところ

肝臓や腎臓の機能には特に影響は及ばさなかったそうです。

これらの結果からタンパク質を過剰摂取しても問題ないことがわかります。

SNSの発展によって様々な憶測だけの情報が溢れていますが、何が正しいのかを判断できる

正しい知識をつけていきましょう!

 

 

合わせて読みたいオススメの記事

 

 

にんにくで美肌になろう

 

 

 

 

 五大栄養素の効果を理解しよう

 

 

 

 

  危険なダイエットBest3

 

 

 

 

糖質制限の落とし穴

 

 

 

夏に向けてダイエットを失敗してしまう方へ