便秘だと癌になりやすいってホント?ウソ?

 

便秘の人は大腸癌になりやすい

この話ずっと昔から言われていますよね。。。

便秘になると、便が腸内に溜まりガスがどんどん発生していきます

腸粘膜と触れ合う時間が長くなることによっての発がんのリスクを高める

これだけ聞くと理にかなっていて、「うーん。なるほどな」と頷くことができます

ガンを恐れて、下剤や便秘薬を服用をした方もいるのではないでしょうか?

>>和の酒粕 今だけの特別キャンペーンはこちら<<

便秘=大腸癌になりやすいはウソ?

実は厚生労働省はこの問題に対して調査を行なっています

40歳から69歳の男女約6万人を7年間追跡調査した結果、、、

便通の回数や状態と癌の発生率を調べたところ

規則的な人も不規則な人も変わらなかったという結果が出ています

だから便秘だからといって癌になる訳ではないので安心してください

>>和の酒粕 今だけの特別キャンペーンはこちら<<

じゃあ便秘は気にしなくてOK?

「癌にならないなら良いや!」と思う前に、この記事を読んでください

確かに便秘と癌に関係はないと研究でも証明されています

ただし便秘が体に悪影響を及ぼすことは間違いありません、、、

便秘は万病の元とも言われています

便秘による腸内環境の悪化は皆さんに予想外の結果をもたらします

例えば、、、

<肌荒れ・吹き出物>です

腸内で発生したガスが腸壁から血液中に溶け出し、汗や皮脂と共に体外に排出されます

この間は肌が本来の機能を果たすことができず、肌荒れに繋がるということです

<だるさ・疲労感>

便秘が続くと疲労感が消えないことがあります

これは腸と脳が神経で強く結ばれていて、腸の調子が悪いと脳から

体を休めようと信号が発信されます

<肩こり・腰痛>

え?これもと感じるかもしれませんが、便秘によって膨らんだ

腸が周辺の神経や血管を圧迫して痛みを誘発します

これら以外にも便臭や自律神経の乱れなど私生活にも影響を

及ぼしかねません

じゃあどうすれば良いの?

まずは食生活や生活習慣を改善していくことが一番です

忙しくて、そんな暇はないよと感じていたり

だけど便秘薬は使いたくないなあ〜という方にはこちら

また敬老の日のプレゼントにもオススメです