夏は太る人が多い?

 夏というと「夏バテ」が原因の「夏やせ」を連想したり、「暑くて汗をかく分やせやすい」と思いがちですが、実は逆なんです。

あまり知られていませんが、「夏やせ」とは逆の

「夏太り」する人が多いのです。え!

◆なんで夏に太るの?

 夏に太る人の原因は、基礎代謝の低下といわれています。
 基礎代謝とは呼吸や血液循環、体温調整といった、生きていくために不可欠な活動で消費されるエネルギーのことです。
 寒い季節には体温を維持するために、脂肪を燃やしてエネルギーを作ります。しかし、気温の高い夏はその必要がない為、ほかの季節に比べて基礎代謝が下がるのです。

 そして、夏の食事って以外とエネルギーが高くなりやすいのです。

◆こんなことはないですか?

暑いからと、手軽にできて、つるっと食べられるそうめんなどの麺類を取る日が続く。。。

しかしこの場合、炭水化物中心の為高エネルギー、ほかの栄養素は欠如してしまいます。

他の栄養が摂れていないということは、糖質や脂質の代謝に必要なビタミン・ミネラル類が不足し、脂肪として蓄えられることになってしまうのです。


 甘い清涼飲料水やビールの飲みすぎも、エネルギーの摂りすぎに直結してしまいます。ほどほどに。

◆夏なのに「冷える」?

 

 クーラーで冷えすぎた電車やオフィス、冷たいもののとりすぎ、ノースリーブなどの肌の露出が大きい服装は、夏でも冷えやすい条件作りになっています。

冷えは血行を悪くし、代謝を低下させて太る原因になります。

さらに、冷えから内臓を守ろうと体に脂肪がつきやすくなるので要注意!

 


◆「夏は太りやすい」を意識するだけで「夏太り」しない!?

1、栄養バランスのよい食事

2、運動不足解消

これだけです!かんたん!



◆これであなたも「冷え」知らず



1、ガンガン冷えひえのクーラーに注意

  特に首、足首、手首は冷やさない。

2、お風呂につかる

  シャワーだけで済ませず、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる。

3、常温か温かい飲み物で水分補給

  温かいスープや温かいお茶で水分補給。

4、体を温めるものを積極的にとる

  生姜やねぎ、にんにく、胡椒、唐辛子などの香味野菜や香辛料など。

 8月ももうすぐ終わろうとしていますが、まだ間に合います!夏太りせずに秋を迎えられるよう夏の過ごし方に気をつけましょう^ ^

 

便痛快!プログラム【酒粕】成分レジスタントプロテイン配合の【和の酒粕】愛媛の酒造からお届け

 

 

 

 

 

合わせて読みたいオススメの記事

 

コスパ最強?卵が体によい理由

 

 

 

 

 

便秘は死に至る病気!?

 

 

 

 

 

夏の風物詩 スイカで夏バテ予防

 

 

 

 

 

野菜ジュースよりも○○!