白湯の美容効果

最近、白湯の美容効果について注目されています。

インドの伝承医学アーユルヴェーダでは、白湯は「バランスの取れた消化剤」として大変重宝されていて、日常的に飲まれています。

具体的にどのような効果があるのでしょうか。

 

《白湯とは》

「白湯(さゆ)」とはお湯を沸かしただけで何も入れていないお湯のことです。

もともと、乳幼児や身体の弱い人に対して効果的と言われていました。

沸騰させることで不純物が取り除かれ、口当たりが柔らかくなるという特徴があります。

 

《6つの効果》

◯基礎代謝を上げ脂肪燃焼させる

内臓が温まると基礎代謝が良くなり、脂肪燃焼効果が高まります。


内臓温度が1度上がると、基礎代謝は10~12%良くなると言われています。

・ 

◯デトックス効果

内臓が温まり活発になると、消化作用が促進され、老廃物を排出します。

 ・

◯冷え性改善

胃や腸が温まることで新陳代謝が上がり、体に熱が作られます。

冷え性の方や、冷たい飲食やクーラーなどで体が冷えてしまっている方の冷え取りに効果的です。

 ・

◯便秘解消

老廃物の排出がスムーズになり、便通がよくなります。

その結果、ポッコリお腹や肌荒れが改善されます。

 ・

◯むくみ解消

血液やリンパの流れが良くなることで、体内に溜まった水分が尿として排出されやすくなります。

トイレへ行く回数が増えるので、むくみの解消効果があります。

 ・

◯内臓の疲労回復

内臓を温めることで、弱った内臓の動きを活発化させます。

飲み過ぎ、食べ過ぎ、ストレスなどで胃腸が弱っている方にオススメです。

 ・

《飲み方と効果》

・朝

寝起きは内臓機能が低下しているので、一杯の白湯を飲むことで活性化し、消化器官も元気になります。

また、人は寝ている時に大量の汗をかくので水分補給の効果もあります。

朝に白湯を飲む場合は十分に冷ました白湯を一杯のんで、身体が温まってから朝食をとります。

熱すぎたり、がぶがぶと大量に飲んだりすると胃に負担がかかるので、ゆっくりと一杯だけ飲みましょう。

 

・夜

なかなか寝付けないという方は、白湯を飲むと内臓があたたまりすぐに眠ることができます。

不眠症や冷え性の方におすすめです。

また、食べ過ぎてしまったときや油っぽいもので胃がもたれているときも白湯は効果的。

内臓の働きを活性化させ、消化を促します。

・ 

《白湯でさらに美しく、健康に》

朝起きた時や寝る前、フレッシュジュースやお茶、ミルクなども良いですが、内臓に優しい白湯を召し上がってみてはいかがでしょうか。

白湯で体の内側から美しくなりましょう^^